Win10アップグレード&作品紹介

本日(2017年12月9日)、Adobeソフトの一部がWindows7では動かないものがでてしまっているため、Windows10にアップグレードする予定です。
そのため講座系の作業ができないので、過去作品の動画をご紹介させて頂きます。

Lucky Aliens Bal

Windowsアップグレードとソフトウェアライセンス

Windows10へのアップグレードは今晩行う予定です。
ならば、いま講座記事を書いておけば良いじゃない、と思われるかもしれません。

うちのPCはAdobeの他にAutodeskという会社の3dsmaxという3DCGソフトも使用しています。

AdobeにしてもAutodeskにしてもインストールできるPCの数が決まっており、ライセンス認証という形でどのPCにインストールされているかという情報が記録されています。

AdobeについてはAdobe Creative Cloudからログアウトするだけでライセンス認証をAdobeに返却することができます。

しかしAutodeskはAdobeよりもライセンス管理がきびしく、一旦Autodeskサーバーにライセンスを返す作業をしないといけません。(複数のバージョンがあれば全部の分)

そうしないとWindows10になった場合に下手をすると別のPCと認識されてしまい、ライセンスにロックがかかり、そのロックを解除するのに数日かかってしまうのです。

そのため、あらかじめライセンス返却を行っておく必要があります。


作品紹介と自分の話

さて、今回ご紹介するのは制作してからかなり時間が経ってしまっていますが、ラッキーエイリアンズという自己キャラクターブランドです。

私の自己紹介のアイコンはその一つです。

ブログの指南書を何冊か読んでみたり、ブログの運営の仕方を紹介しているブログなどを見ていると、どれも共通しているのは、

「誰もあなたのブログを読みたいとは思っていない」

ということからスタートしないといけない、と書かれています。

「名も知らぬあなたのことを、自分が読者だったとしたらそれを読みたいと思いますか?」

ということですね。

たとえばillustrator講座など「○○の作り方」の場合はそのノウハウそのものが、関心のある読者にとっては意味のある、あるいは価値のあるものかもしれません。

その意味では過去作品の紹介はかなり自己紹介に近いものになるとは思います。
そのため、興味を持ってもらえるかどうかは未知数ですね。

しかし、制作している当時は見ている人に楽しんでもらいたいと考えて作っていましたので、あえて公開してみます。

ラッキーエイリアンズとは


 

動画のコピーライト表記にあるように2011年の作品です。

12体の動物を模したエイリアンということで、おわかりかと思いますが、干支をモチーフとしております。

この中の1つは私のアバターとして今も使っています。

当時は3DCGと実写のカメラをピッタリ合わせる、「マッチムーブ」という技術が流行り始めた頃で、私もちょっとやってみたくなり制作したものです。
  1. 2Dのキャラクターイラストをillustratorで描く
  2. SynthEyesというマッチムーブソフトで実写カメラの動きをデータ化
  3. 3dsmaxでキャラクター制作とアニメーションを付ける
  4. AfterEffectsで実写とCGの合成
という制作工程でした。

音楽は、有限会社oo39ドットコム様の曲で私の動画にピッタリな曲がありましたので、そちらを使わせて頂いています。

動画に付けてみたところ、自分でも笑ってしまうほどマッチしていました。

ナレーションは株式会社AHS様の「VOICEROID+ 民安ともえ」を使用しています。

合成音声も日々進化していますので、多少ぎこちないところはあるもののちゃんとしゃべってくれるようになってきていますね。


それでは、楽しんでいただければ幸いです。


ランキング応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 デザインブログへ

[Sponcer Link]


コメント