ブログ記事ネタの探し方

ぱくたそ:厳冬期の山で舞い上がる雪の粒子

ブログ記事を書いていると、どうしてもネタが浮かばない、なんてことがありますね。そういう場合はブロガーの皆さんはどうしていますでしょうか?


昨年(2017年)、12月頃。
PVの伸び悩み、そして、なかなか収益が上がらないということで悩み、
「100%本気の企業相談室」を運営されている、ずーみーさんに相談しました。

この件は、ずーみーさんが再構成され、一つの相談事例として記事化されています。


ここで見えてきた問題点は「コメントがつかないのは読者が欲しい情報とのズレが生じている可能性がある」ということで、ここから導きだされたずーみーさんからのご提案は、「読者と交流をもつこと」ということでした。

そこから、とりいそぎillutratorについては記事の終わりに、相談を受け付ける旨付け加えるようにしているのですが、今のところ反応はありません。

まだ年が変わったばかりで焦る必要は無いと思うのですが、記事を書けば書くほど、「この記事は読者にとって何かしら得るものを生み出しているのか」ということを考えてしまっているというのが現状です。


友人との会話

そんな折、もう10年来の付き合いになる女性の友人と、新年のあいさつを兼ねて話す機会があり、前述のずーみーさんの記事や、今後の記事の展開で考えていることを提示してみることにしました。

セッジ「あるジャンルのイラストの描き方を(illutratorで)やろうと思うんだけど、どう?興味ある?描き方は興味ないとしても素材はほしいと思うかな?」

友人「うーん、そのジャンルのことは全然知らないし、特にほしいと思わないかな」

セッジ「えー?、こういう絵ってデートスポットとかでよく見かけるもんだし、知らない?」

友人「そゆとこ行ったこと無いから、わからないなーw」

このジャンルについては今後やる予定でして、ネガティブな先入観を持たれてしまうのもいやなので伏せていますが、この友人は歯に衣着せぬ物言いをするタイプなので、わりと真理に近いことを言うことがしばしばあります。

元の情報が必要なもののため、権利を持っている方と交渉したりして、念入りに準備していたジャンルだったので停滞してしまいました。

準備していたネタがみんなが欲しいものかわからなくなってしまったので、困りながらも、

セッジ「じゃあさ、君が何か情報知りたいときはどうすんの?」

と、さらに尋ねると、

友人「私ならー、まあやっぱりキーワードで検索するかなー。あとは知恵袋で似たような質問探してみるとかー」

セッジ「!」

そう、これがありました。
Yahoo!知恵袋の存在を忘れていました。知恵袋といえばお悩みの宝庫ですよね。

ぱくたそ:宝箱に入り込んだハリネズミ


記事ネタを探しにYahoo!知恵袋へ

ということでYahoo!知恵袋にアクセスし、私が回答できそうな質問を探しました。

いくつかの質問に回答をつけることができましたので、その中からピックアップしてみます。

その中の一つは、これまでは単体版のillustratorやPhotoshopを使っていたが、月額版にするかどうかを悩んでいて、もし代わりになるようなものがあれば教えて欲しい、というものでした。

この件についての私の答え
まず質問者さんは、

・なぜillutratorやPhotoshopが必要なのか
・illutrator系(ベクター)の特性が必要なのか
・Photoshop系(ビットマップ)の特性が必要なのか
・最終成果物はどこまでを求めるのか

このあたりをよくお考えになった方が良いと思います。
特に最終的な成果物を印刷会社に入稿することを前提としているなら、AdobeCCを避けるというのは難しいと思います。

そこまでの精度は必要ないということなら、フリーソフトならば、
ベクター系にinkscape、ビットマップ系ではFireAlpacaなどが
Macでも使えると思います。
という回答をつけています。

ここで書いていることをもう少し補足しますと、

最終成果物が仮に商業印刷だったとすると、illutratorやPhotoshopやInDesignなど、Adobe系ソフトがほぼ標準と言って良いと考えます。

現在いろいろなソフトが選択できる状態ではありますが、デザインやDTP、Webや映像に対して長い時間、そして深くAdobeという会社は関わってきましたので、このノウハウは他社の追随を許さない状態なのです。

これを覆すのは相当難しいと思います。

ですので、そういった精度を求めないのであればフリーソフトでも良いのではないか、という回答になっております。

もう一つ回答したものもありますが、そちらはどちらかというと美術高校カテゴリーにしたほうが良い内容でしたので、その内容にそって記事化してみたいと考えています。


CS2の質問が多くて驚く

知恵袋を見ていて驚いたのですが、CS2の使い方についての質問が多いのです。

Adobe CS2が無償で公開されている、なんてことを書いているブログも見た覚えがありますが、皆さん誤解されているようです。

現在CS5以前のAdobe製品はサポート対象外になっていますが、基本的にインストールしただけでは使えない状態になっていて、最初の起動時にライセンス認証をするようになっているのですが、CS2は2005年に発売されたものですから、もうCS2用のライセンス認証サーバーは停止されています。

そのため、まだCS2を使い続けたいユーザー向けに認証なしでも使える状態にしたものをダウンロードできるようにしているのです。

そこを確認しないでダウンロードして使っている人がいるようなのですが、
これを使って良いのはCS2正規ユーザーのみですから、使用していると問題になるかもしれません。

以下にAdobeの公式見解を貼っておきます。
Adobe Creative Suite2およびAcrobat 7について

まとめ

ブロガーにとって、一番困るのが記事ネタ探しです。

いや、記事ネタ自体ならなんでも作れなくはないのですが、

私のブログのように情報系ブログの場合、「この記事が誰かにとっての悩み解決になるかどうか」で考えていくと本当に困りますよね。

その意味でのネタ探しでは、Yahoo!知恵袋は「悩みから発生した質問」が多いので、我々ブロガーにとっては宝箱のような存在ですね。(上記のようなちょっとした問題もありますが)

ネタに困ったら、知恵袋に行ってみる。

これがある意味でブロガーにとっての、お悩み解決になるのかもしれません。



ランキング応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 デザインブログへ

[Sponcer Link]


コメント