SedgeDesign イラレで即戦力! 曲線ツールの使い方 illustrator CC 講座11

イラレで即戦力! 曲線ツールの使い方 illustrator CC 講座11

「ペンツールの使い方」ではペンツールとベジェ曲線について解説しました。

とてもきれいな曲線が描けるツールです。
しかし、慣れるまでが大変なので挫折ポイントにもなりやすいのが欠点です。

また「絵を描く」という行為から考えるとちょっと理屈で考える事が多くてとっつきにくい印象でもあります。

でも今は1~2分で操作を覚えることができ、ペンツールと同等のきれいな曲線が描ける、曲線ツールというものがあります。

今回はこの曲線ツールを解説します!

セッジです!おはようございます!
昔のイラレは曲線を描くというとペンツールしか選択肢はありませんでした。
今はこの曲線ツールをつかうと即きれいな曲線が描けるんです!

現在のバージョンではペンツールの他に、曲線ツール、鉛筆ツールが追加されています。 そのため、古いバージョンと比べるとIllustratorを初めて使う人でも絵が描けやすくなっています。

ただ、あくまでも入り口が簡単になっているということであって、描いた後はベジェ曲線になっています。

いずれはペンツールに慣れていただきたいと思いますが、それまでのつなぎとして使ってみると良いでしょう。


曲線ツールでのハートマーク


ではペンツールとの比較的に、同じハートマークを題材に練習してみましょう。
上のハートマークの下絵をコピーしてillustratorのアートボードにペーストしておきます。

曲線ツールを選び、とりあえずは図のアンカーポイント位置で順にクリックしてみます。

2点では直線のままですが、3点以上で曲線になっていきます。


…うーん、なんだかうまく行きませんね。

曲線ツールを使って曲線を描く場合、直接ベジェ曲線を引いていく場合よりも少しアンカーポイントが多くなるようにすると良いようです。

ということで下絵のアンカーポイントは無視して形状優先で描いてみましょう。



このような形でペンツールの時よりも少し多めにポイントを打つことで下絵の形状に近い曲線を作ることができました。

ちなみに、いま描いているような始点と終点がつながらない口が開いた曲線のことをオープンパスと言います。

これはペンツールでも同じですが、
口を閉じる(クローズパス)のであれば始点までカーソルを持っていってクリック。
開いたまま(オープンパス)にする場合は、少し離れた場所でCtrl(Command)+クリックすると中断することができます。


その他の使い方

曲線ツールでもペンツール同様、直線と曲線の混在が可能です。

直線で描いていくならアンカーポイント毎にダブルクリック、曲線にしたいところはシングルクリックとなります。

また、一度引いた線に対して直線・曲線を切り替える場合は、切り替えたいポイントをダブルクリック、またはAlt(Option)+クリックで切り替えることができます。


アンカーポイントを後から追加する場合は、パス上でクリックします。
このときクリックしたらそのままドラッグすると、ポイントを追加しながら移動することができます。

アンカーポイントを削除したい場合は、選択ツールなどに切り替えず曲線ツールのまま消したいポイントをクリックし、Deleteボタンを押します。

では今回はこの辺で!おつかれさまでした!






[Sponsor Link]

ランキング応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 デザインブログへ



0 件のコメント :

コメントを投稿