イラレやフォトショ形式が指定される理由

あなたがデザインやイラスト、ゲームなどのお仕事に応募しようと考えたとき、ファイル形式が指定されていてあきらめたことがないでしょうか?

求人の情報を見れば「Illustrator、Photoshopが使える人」。
LancersやCrowdWorksなどクラウドソーシングなどでも「Ai、Psd形式で納品してください」という条件が入っていることがあります。

なぜそういう要望があるのでしょうか?


まず、「デザインするならこのソフトじゃなきゃダメ」「絵を描くならこのソフトで」と言いたいわけではありません。

PCでデザインしたり絵を描くだけなら、どんなソフトを使っても構わないと思います。
ただし、求められる要件によっては「このソフトじゃないと」ということが発生してしまいます。

要項や仕様で求められている意味

以前書いた記事も併せて読んでいただくと良いかと思います。

ビットマップとベクター
この記事をまとめると、
画像の表示形式には二種類あるよ(ファイル形式ではない)、
その二種類の代表がAdobeでは Illustrator と Photoshop だよ、ということです。

また、以下のようなことも言えます。

ビットマップ=Photoshop=写実的なものが得意、拡大に弱い、ファイルサイズ大
ベクター=Illustrator=精密度の高いものが得意、拡大に強い、ファイルサイズ小

ですので、募集要項や仕様に「Photoshop」「Illustrator」と書いてある場合は、Photoshopの場合はビットマップ系、Illustrator系の場合はベクター系の利点を活かした作品を制作して欲しいという意味でもあります。

単純にビットマップ系の作品が欲しいということなら、交渉すればなんとかなるかもしれません。

ベクター系は交渉は難しいと思います。
理由はクライアントはベクターの特性を活かしたものがほしいので、ビットマップ形式で作成されても困ってしまいます。

問題は「psd形式」「ai形式」でデータを納品して欲しい、と言われた場合です。

ai形式で書き出せるグラフィックソフトは数少ないのですが、psd形式で書き出せるソフトは結構ありますね。それを使えばOK…と言いたいところですが厳しいかもしれません。


互換ソフトでは厳しい??

psd形式で書き出せるソフト、Photoshop互換機能を持つソフトを調べてみますと、フリーソフトだと、GIMP、FireAlpacaなどが候補に上がってきます。(有料だとClipStudio、Corel Painterなど)

これらの用途は最終的な書き出しというよりは、Photoshopへの受け渡し用途としての意味合いが強いです。

また当ブログ過去記事になりますが、


こちらに書きましたように、用途に応じてカラーモードを切り替える必要があります。

フリーソフトではRGBは使用できても、CMYKが使用できない事があり(GIMPは可能)「印刷原稿データ」の納品を求められた際に対応できない事があります。

また、有料ソフトの場合でも仮にpsd形式が書き出せたとしても、書き出した互換ソフト側と受け手側であるPhotoshop側で比較すると色味が変わってしまう場合もあります。

カラーマネージメント機能に対応しているかどうかも考えないといけません。

RGB→CMYK変換機能、かつカラーマネージメント機能を持たないソフト(FireAlpacaなど)などを使用したとします。

この場合は、Photoshopで「Japan Color 2001 Coated」というCMYKプロファイルを使って変換することになりますが、大抵色が変わってしまいます。
そのため、Photoshop上で元の状態に近い色味になるよう調整する必要があります。

CMYK変換機能および、カラーマネージメント機能を持つソフト(ClipStudioなど)の場合は、レイヤー描画モードがPhotoshopとは異なる場合もあります。

開いてみたら何かが変わってしまっている、などに対応するためにも最終的にPhotoshopで開いて確認するというのは大事なことです。


デザイン業界でAdobeが主流な理由

DTPの始まりの頃、レイアウト時に配置する画像形式といえばCMYKのEPS形式(これもAdobeが作ったファイル形式)が主流でした。

現在はAdobe InDesignをメインで使うデザイナーが増えていますので、psd形式やai形式をそのまま配置することが多いかと思います。

ソフトウェア対応について 一般的なデザイン会社、印刷会社はPhotoshopは所有しているのは当然としても、ClipStudioなどは所有していない事がほとんどですので、その場合は作業者側の方で対応する必要があります。

同人誌などの印刷も受注している印刷会社ではClipStudioのデータに対応してもらえる場合もあるようです。

また、ゲームやアニメーションなどに使用するデータなどの場合、レイヤー構造そのものが重要になる事もあります。
たとえばキャラクターの絵があるとして、まずレイヤーでパーツ分けをしておきます。

これをアニメーションソフトの方で、随時切り替えることで表情変えに対応するなどといった場合があります(私がアニメを作る時はよくこの方法を使います)。

これも、Photoshop上で正しく表示できる、というのが前提になります。
描き始めはどのようなソフトを使っても構わないと思いますが、最終的にはPhotoshopで確認・調整をしたほうが良いかと思います。

ai形式で書き出せるソフト…は、フリーソフトでは見つけられませんでした(有料だとCorel Draw、Canvas)。

Illustrator互換ソフトという意味ではInkscapeというソフトがあります。
しかし、こちらは書き出しにai形式がありません。
Illustratorで読み込めるepsなどはありましたが、詳細に作成したものは正しい状態で変換されない可能性が高いです。

ビットマップ系グラフィックソフトに比べると、ベクターグラフィックソフトはIllustratorに席巻されてしまった感があり、あまり数が多くないのが現状です。

また、Illustratorの根幹にある技術であるPostScript(ページ記述言語の一種)がAdobeが開発したものということもあります。
そのため互換ソフトでは最新のIllustrator形式には対応できません。

そのため「ai形式」を求められた場合、他で代用するというのは無理があります。

以下の画像のテキスト部分は、クローバーのaiファイルを無理やりワードパッドで開いたものです。

WebブラウザーがHTMLを読み取ってWebページを表示するように、
この文字列をIllustratorが読み取ってクローバーの様に画像化しているのです。



まとめ

今回は「ファイル形式でIllustratorやPhotoshop形式が指定される理由」について解説してみましたが、いかがでしたでしょう?

ai・psd形式を求められず、JPEG、PNGなど汎用形式でも問題なければ、何を使っても良いでしょう。

趣味で絵を描いたり、お仕事が画面表示系でかつビットマップ画像以外は使わない場合であれば、特に意識する必要は無いとも言えます。

しかしながら、CMYKでの入稿や、ai・psd形式を求められた場合は、aiはIllustrator必須、psdは場合によってPhotoshopが必要になるのです。






ランキング応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 デザインブログへ

[Sponcer Link]


コメント