【DAIV 5N】マウスコンピューターのクリエイターPC・DAIV 5Nプレミアムレビュー!

マウスコンピューターのDAIV 5Nプレミアムモデルを購入しました。
このモデルはクリエイター専用のモデルで、CPUやGPUなどはゲーミングモデルと同じですが、ディスプレイの色域を重視しているコトが特徴です。

当ブログオーナーのセッジは、グラフィックデザイナーでイラストレーターでもありますので、この記事ではクリエイター目線でのレビューをいたします。

今回購入したDAIV 5Nプレミアムモデルは、私が普段行っている作業に対応し、なるべく長く使えるコトを考えて選択しました。

ちなみに当ブログオーナー・セッジのPCの主な使用用途は以下のようなモノです。

  • グラフィックデザインやイラストの制作
  • 2Dのアニメ制作と映像編集
  • 3DCGのデザインやアニメの制作

あなたがもし、こういったクリエイティブ作業用のPCを検討されているようでしたら、ぜひこの記事を参考にしていただければさいわいです。
私は10年使ってきたPCからの乗り換えになりますので、旧PCとの比較もいたします。

こんにちは!トラノです!
先輩、10年経過してようやくPC新調ですか!クルマと同じく良く保たせましたネ!
おはようございます!
デザイン講師ブロガーのセッジです!
10年たったとはいっても、ケースとマザーボードとCPU以外はちょこちょこ入れ替えてたからね。
まぁ、いろいろと状況が変わっちゃいましたしネ。

ということで、今回は我が家でもっとも新しいパソコン、
マウスコンピューター DAIV 5Nについてレビューします!

DAIVとは?

DAIVってなんの略ですか?

Dynamic Approch Imaginary of Visualの略だそうです!

意味的には「映像に動的に取り組む」といったところでしょうか。

マウスコンピューターには、

  • 一般用のMouse
  • ビジネス用のMouse Pro
  • ゲーム用のG-Tune
  • クリエイティブ用のDAIV

と、4つのブランドのコンピューターがあります。

実はG-TuneもDAIVも性能的にはほぼ同等だと思います。
したがってどちらでもデザインやイラスト、3DCG制作や動画編集は可能です。
逆にDAIVでFinal Fantasy XIVなどの3Dのゲームも可能です。

ゲーミングでなくクリエイティブPCを選んだのは、
「表示できる色域が違う」
というのが理由です。

G-TuneとDAIVは性能的にはほぼ同じです。

しかしながら、
G-Tuneはリフレッシュレート=画面の描き換えの速さに重点を置いているのに対して、
DAIVは画面の色域の広さ、sRGBカバー率100%の液晶を使用するコトに重点を置いているという違いがあります。

なぜ「Apple」でなく「Mouse」なのか

先輩こないだ聞かれてましたネ。
「セッジさんはクリエイターなのにMac使わないんですか?」って。
実は悩んではいたんだよねぇ

当ブログオーナーのセッジは、昔はMacユーザーでした。

今にして思えば…以前はガチガチのMac信者で…誰にでもMacをオススメするので、妻にも一度キレられたコトもありました。

そんなMacユーザーだった私ですが、現在は「業務で使える状態のMac」は所有していません。

なぜそうなったのかといえば、ある時テレビ用の3DCGを制作するお仕事を受けるようになった時、元請けさんの指示で「3dsmax」というアプリケーションを使用する必要があったからです。

この3DCGアプリは、Windowsでしか動かないのです。
そのため、3dsmaxを使うようになってからは、WindowsPCの性能を充実させる方向にシフトしていきました。

こうしてWindowsがメインになってからしばらくして、Appleは新しいCPUのM1やM2を使ったMacBookをリリースしました。
PCが古くなったのもあり、この時は「久しぶりにMacにするか?」とも考えていたのですが…。

現在、円安になって相対的に価格が上がってしまったコト、
ひょっとしたら再び3dsmaxを使う可能性があるコトから、またもWindowsを選択するコトになりました。

WindowsならそれこそHPやDell、ASUSなど、メーカーはたくさんありますが、
あえてマウスコンピューターにしたのは、日本の産業が衰退していると言われているのもあり、まず「日本の企業」そして「長野に縁のある企業」にお金を使いたいと思ったからです。

DAIVは国産PCである強みがある

マウスコンピューターは日本の企業です。
そして製造は長野県飯山市にある工場にて行われています。

飯山市に工場があるのは、PCディスプレイで有名だった創業地が飯山市だった株式会社イーヤマを吸収合併したからです。

「日本の企業」だけでなく「長野県に縁のある企業」にもこだわっているのは、私が半長野県人(母が長野出身)で、人生の何分の1かを長野で過ごしているコトにあります。

マウスコンピューターで注文し発送準備が整うとこのような動画メールが届きます。

『産地直送』というか、何か農産物を送って貰うようでなんとなくのどかな感じがしますよね。

こういった人たちが作っている。
何かあっても国内で対処してくれる。

そういう安心感がマウスコンピューターにはあります。

中には、
「部品は海外で作っていて、組み立ててるだけなのだから国産PCとはいえない」
と、いじの悪いコトをいう人もいるようですが、

それをいい出したら、ほとんどの製品は国産品といえなくなると思います。

日本の産業のトップでもあるクルマなどもそうですよね。
トヨタ・ホンダ・日産…などなど、国産部品だけのクルマを見つけるのは難しいのでは無いでしょうか?

それでも国産車を買いたい、と考えるのはサポート体制も含めて安心したいからでしょう。

PCも同じく国内でのサポート体制は大事だと考えます。

PC性能比較

これまで使っていたメインPCはいわゆる自作PCです。
2012年に組み立てたモノなので、ちょうど10年経過しました。

使えないわけではありませんが、
最新のアプリが重い、Windows11が動かない、ご時世的に病気など万が一の時に…
と考え今回DAIV 5Nを購入したのです。

旧PCとDAIV 5Nの構成には以下のような違いがあります。

  • 旧PCは、Corei7-2600K+QuadroP600+メインメモリ32GB+1TBSSD
  • DAIV 5Nは、Corei7-11800H+RTX3060+メインメモリ32GB+1TBSSD

メインメモリが32GBなのが共通していますが、これは最近のAdobe製品が要求する標準メモリ構成が16GBになっているコトが関係しています。

標準メモリが16GB要求されるというコトは、重い処理をさせると絶対的に足りなくなるというコトになりますので、その倍の32GBは必要だと考えています。

本当は64GB欲しいところですが、そこは予算の関係で…(汗)。

PassmarkによるCPU比較

さて旧PCとDAIV 5N、そしてMacも検討していたのでMacBookProに搭載されているM1maxも比較してみました。

もちろんMacBookProもMacBookAirも所有していませんので、こういう時便利なのがCPUの処理能力を数値化した情報が集まっている「Passmark」です。

今回はこのPassmarkから数値を引用しています。

旧自作PC DAIV 5N MacBookPro
GPU Corei7-2600k Corei7-11800H M1 max
Passmark
ベンチ
5499 21224 22336
出典:Passmark

旧PCから比べるとおよそ3.8倍の処理能力差があるようです。
同じCorei7ではありますが、2600kは第2世代、DAIV 5Nは第11世代のCPUですので差は大きいですね。

それでも、10年前のCPUとしては健闘していると思います。
少なくともWindowsを普通に使っている状態での体感ではさほど差を感じません。

ですが、IllustratorやPhotoshop、Blenderなど処理能力を求められるアプリを使用するとその差がハッキリしてきます。

参考までにいれたM1 maxは現在のMacBookでは最高性能のCPUですが、22336と実は11800Hとあまり変わらないのですね。

OSも機械的な構成も違いますし、一概にはいえませんが、
現状M1シリーズに最適化されたアプリは少ないですし、M1 maxのMacBookProを同程度のメモリやSSDにした金額はDAIV 5Nの倍になります。

したがって現状ではDAIV 5Nのほうがコストパフォーマンスが高いといえます。

PassmarkによるGPU比較

GPUもPassmarkで数値を調べてみました。
引用してご紹介します。

旧自作PC DAIV 5N MacBookPro
CPU QuadroP600 RTX3060
Passmark
ベンチ
3279 17003
出典:Passmark

GPUはどちらもnVidia製です。

Quadroは以前はCGやCADでは必須といわれていた業務用GPUです。

一時は最大発色数の多さや正確性から「クリエイティブ業務にはQuadro必須」と言われていました。

RTXは長くなるので表では割愛していますが、本来はGeForce RTX3060といい、ゲーム用GPUです。

しかし最近はDAIVなどクリエイター用PCにもGeForce RTXが使われるようになってきているようです。

QuadroP600は5年ほど前のGPUです。
CPUよりもその差は大きく、RTX3060は5.2倍ほど処理能力が高いようです。

できればMacBookProのGPUも比較したかったのですが、M1シリーズのGPUはCPU内蔵型のためかPassmarkでは見つけるコトができませんでした。

ですが、一般的にGPUは外部型>内蔵型なので、M1 maxの内蔵GPUはQuadroP600よりは上であろうと思いますが、RTX3060を超えるコトは無いと推測します。

Final Fantasy XIVベンチマークによる比較

Passmarkは購入前の検討材料としてはすばらしいのですが、あくまでも数値でしかありません。

実際に動かしてみたらどうなるのかという比較も必要です。
そこで私がよく使うのがFinal Fantasy XIVベンチマークです。

数値が高いほうがより高性能となります。
今回は娘のPC、Dell G3 15 3500(Corei7-10750H+GTX1660Ti)でも試してもらいました。

自作PC(Corei7-2600k+QuadroP600)

Dell G3 15 3500(Corei7-10750H+GTX1660Ti)

DAIV 5N(Corei7-11800H+RTX3060)

Final Fantasy XIVのような3DゲームはCPUよりもGPUのほうの影響が高いと良くいわれますが、どれも世代が異なりますのでやはりDAIV 5Nが圧巻の性能を見せてくれています。

ちなみにDell G5やDAIV 5NはGPUがIntel UHD Graphicsとなっていますが、今のノートPCの多くはハイブリッドGPUです。

画面表示が低負荷の時はCPU内蔵GPU、高負荷になると外部GPUに切り替わるようになっています。

DAIV 5Nはすごい性能ですが、旧自作PCもめちゃくちゃ健闘してませんか?

実際、ベンチマークではなく本編のゲームもしますが、今のところ旧PCでも特に問題は感じていません。

これからゲームは旧PCでやります!!!

コラー!

After Effectsによる比較

さて「FFは遊びじゃない!」と、どこからか怒られそうですが…、
そうはいってもやはりゲーム、遊びですので…。

実際の業務レベルに使ったらどう違うのかというのが重要ですよね。

以前After Effectsで作った、星座のムービーをそれぞれレンダリング(書き出し)するコトで比較してみます。

書き出したのはこのムービーです▼

自作PC(Corei7-2600k+QuadroP600)
DAIV 5N(Corei7-11800H+RTX3060)
  • 旧自作PCのレンダリング時間:24分51秒
  • DAIV 5Nのレンダリング時間:6分23秒

およそ4倍の差がでていますね。

After Effectsはマルチフレームレンダリングといって、CPUのコア数が多ければその分レンダリングが速くなる機能や、GPUも使ってレンダリングします。

2600kは4コア、11800Hは8コア。
単純にいえば2倍ですが、CPUとGPUの性能差も現れているようです。

Blenderによる比較

3DCGを使った場合のPCの性能差を見る「Cinebench」というアプリがあります。
これはどのブログやサイトでも良く見かけますので、少し独自性を持たせたいと思い、私がBlenderで作ったデータで比較するコトにしました。

両方ともBlenderにおいて最も高画質、かつ最も時間がかかるレンダラー(描画方法)の、「Cycles」を使用しています。

レンダリングサイズは1920x1080。いわゆるフルHDサイズです。

自作PC(Corei7-2600k+QuadroP600)

DAIV 5N(Corei7-11800H+RTX3060)
  • 旧自作PCは描画時間:4分44秒
  • DAIV 5Nは描画時間:1分29秒

およそ3倍の性能差があるようです。

Blenderは通常の作業、形を作るモデリングやオブジェクトのレイアウトなどについては、古いPCでもそれなりに軽快に動きます。

ですが、ことレンダリングについてはPCの差がハッキリでてくるので、待たされる時間がどんどん減ってくると感じます。

先輩、よく寝る前にレンダリングセットしてましたし、使用者が寝てるならあまり関係ないのでは?
最終レンダリングならそうなんだけど、プレビューレンダリングに時間がかかりすぎると手間なんだよねー

DAIV 5Nのプラス/マイナスポイント

ここまではDAIV 5Nの性能的なレビューを書いてきました。
ここからはDAIV 5Nの外装デザインや、使い勝手の部分についてまとめてみます。

DAIV 5Nのプラスポイント

一般的にWindowsノートPCに持つ印象は、
「MacBookに比べるとWindowsノートPCって野暮ったい」
といった感じですが、DAIVは全体がシルバー調でシンプルなカタチがカッコイイと思います。

「DAIV」のロゴも「クリエイティブPC」というシャープな印象を引き立ててくれます。

閉じた状態の厚さも000mmと、高性能なWindowノートにしては薄いですし、重さも1.73kgと持ち運びも苦になりません。

このあたりはプラスポイントだと感じます。





DAIV 5Nのマイナスポイント

DAIV 5Nの外観は概ねカッコイイと感じるのですが、
キーボードのイルミネーションについては、これは正直にいって要らないと思いました

もちろん、これをカッコイイと感じる人もいるかもしれません。

ですが、デザインやイラストを描くとき、それは「色を選び、扱う」という作業もするコトになります。

こんな風に光られてしまっては、これが邪魔になって配色がしにくいです。

DAIVに付属するControl Centerで色を変更するコトができるのですが、有彩色しか設定できません。

したがって、私はコレをオフに設定しています。

また、キーの配置もすこし癖があり、文字を消去しようとBackSpaceキーを押すつもりが、NumLockキーを何度も押してしまっています。

テンキーを含め、全てをコンパクトに収めようとするデザインなのだと思いますが、使い勝手でいうとちょっと難色があります。

プラスポイントのほうで「重さが1.73kgで持つのが苦にならない」と書きました。

しかし、使っていればバッテリーが消費されていくわけですから、ACアダプターも一緒に持ち歩く必要がでてきます。

しかし、付属するACアダプター…。
これが約850gあります。

本体が1.73kgとしても、アダプターを足したら2.58kgです。
しかも結構かさばります。

ACアダプターを持ち歩かないという選択もあります。
バッテリー消費時間は公称6時間ですが、私のような使い方をすると長くても4時間…といったところなので、ちょっと厳しいと思います。

このあたりは本体も軽く、かつACアダプターも小さく軽いMacBookがうらやましくなる瞬間です。

これら2つの部分が私にとってはマイナスポイントに感じています。

クリエイターの「もう1つの選択肢」DAIV

ということで今回の記事は、先日購入したマウスコンピューター製のノートPC、
DAIV 5Nプレミアムモデル
をレビューいたしました。

「クリエイター用のパソコン」というと、Macを思い浮かべる人が多いかもしれません。
これを読んでいるあなたもひょっとしたらそうではありませんか?

でも最近はWindowsでもクリエイター用PCのブランドが増えています。
そして、機能的な面ではMacとあまり変わらないのに、値段は半額に近いか安いモノが多いです。

あなたがクリエイター用PCを使って、

  • グラフィックデザインやイラストの制作
  • 2Dのアニメ制作と映像編集
  • 3DCGのデザインやアニメの制作
などを行いたいと考えているようでしたら、今回ご紹介したマウスコンピューターのDAIVを使ってみてはいかがでしょうか?

きっと、あなたのクリエイティブ活動の強い味方になってくれるコトでしょう!

DAIVブランドには他にもいろいろ種類があるみたいですヨ!

最新のノートPCだと、第12世代CPUを搭載したDAIV 6Nシリーズというのもあります!
こちらはACアダプターが少し小さくなってるみたいですよ!

それでは!最後までご覧いただき、ありがとうございました!

また、他の記事でもお会いしましょう!
おつかれさまでした!

ブログランキング参加中!
このブログが役に立ったと思ったら、投票をお願いします!

にほんブログ村 デザインブログへ



コメント