デザイン道具いまむかし

満員電車に乗っていると、大きな荷物を抱えて通学していた学生時代を思い出します。しかし、最近はひと目見て「あぁデザイン系の人だ」と思えるような人は減ってきた気がします。

ということで、おはようございます。

今回は、デザイン道具のいまとむかしでの変化についてをテーマとした記事を書いてみました。

以下過去と現在での持ち物イラストを描いてみました。
過去の方、ちょっと描ききれなかったアイテムもあります(汗)

デザイン道具いまむかし

むかしのデザイン道具

むかしは、まず目立つのは大きければB全、そうでなくてもB3くらいのパネルが入る袋を持っていました。私も持ち歩いていた事が多かったかと思います。

これを満員電車の中で…と思うと、ちょっと居た堪れないものがありますね。

まずは鉛筆です。私の場合は5H~5Bくらい持っていたと思います。
それと練りゴム。これらは鉛筆デッサン用のものでした。

それから、色鉛筆かマーカー。カラーラフや、カンプなどを作るのにつかっていました。

続いて、ペーパーセメント、定規、カッター、カッターマットです。当時はレイアウトといえばアナログの手張りでしたから、カッティングしたり、接着したりはいつでもできないといけませんでした。

ロットリング…というのは製品名ですが、デザイナーや設計の人は割りと道具の固有名詞として使うことが多いですが、いわゆる製図用ペンです。

0.1~1mmの太さのものを5段階くらいで持っていた様な覚えがあります。
私はギリギリカラス口という製図道具も使っていた世代です。こちらは太さを調節して使うことのできる製図ペンですね。

筆と絵の具一揃え、絵の具といってもポスターカラー(人によってはガッシュやアクリル絵の具なども)、透明水彩などです。ポスカラは色彩構成、透明水彩は着彩で使いました。

絵の具を使うということは当然ながら、筆洗が必要ですね。絵では判りやすいので小学校で使うような筆洗を描きましたが、これだと嵩張るので折りたたみ式を使っていました。

最後にスケッチブック、またはクロッキー帳ですね。アイデアスケッチや、クロッキーのなどに使っていました。


いまのデザイン道具

いまの道具は、もちろんこれが全てのデザイン系の人に適用されるわけではありませんし、もちろん今も上記の様な道具を持ち歩いている人もいるとは思いますが、それでも全体的には大きく変わってきています。

まずノートPCです。Macが多いのではないでしょうか。

この辺りはTypeKitの記事でも書いた文字環境の違いと、カラー管理がMacの方が進んでいるということが理由としてありそうです。Windowsでもできなくはないですがちょっとその辺りでは負けている印象があります。

次は、ペンタブレットまたはマウスです。両方持ち歩く人もいるでしょうね。お金に余裕がある場合は…これが液晶タブレットだったりすることもあります。(私は液タブは持ってないです…(汗))

それ以外だと…鉛筆の練りゴム(デッサン大事)、シャーペンなど一般的な文具用具になり、スケッチブックもアイデアスケッチなどのために必要なので持っている事は多いかと思うのですが、最近はPC上でラフスケッチを作る人も増えてきています。

ノートPCを持ち歩くということは、それ以外にもACアダプタも必要になりますから、重量という意味では変わらないのかもしれませんが、嵩張るものを持ち歩かなくて良いという利点はありますね。

私の場合は、ノートPCを持ち歩くときは一緒に必ず持っていくものがあります。

それはモバイルWifiですね。ワイモバイル 607HWレポートでも書いたとおり、イーモバイル(現ワイモバイル)のUSBモデムD01HWに始まり、GP01になり、途中壊れてしまいましたがGP02というモバイルWifiルーターも経て、現在の607HWに至ります。

うちはMacBookではなくWindowsノートPCのため、1kgほど重いので最近はノートを持ち歩くのにめげてしまうこともあり、ノートPCの代わりにiPadminiということも増えてきました。


最後に

今回はデザイン道具の時代による変化をテーマとした記事を書かせて頂きました。
いまとむかし、どちらが良い、という様な趣旨のものではありません。

ありませんが、

通学・通勤時、どうしても満員電車に乗ることがありましたので、そこで何度かデザイン定規をおられてしまった経験があります。

決して安いとは言えないものでしたので、それを持ち歩かなくて済むようになったのは良かったと、振り返ってみると思うことがあります(苦笑)

ではでは、今回の記事はこれで終わります。
おつかれさまでした!



【2017/09/29加筆・修正】
ランキング応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 デザインブログへ

[Sponcer Link]


コメント