SedgeDesign 年賀状が出せる期間はいつまで?+年賀状作り方まとめ

年賀状が出せる期間はいつまで?+年賀状作り方まとめ

画像素材:ぱくたそ

100記事の達成のご報告を最後に年内更新を終了する予定でしたが、今現在も年賀状関連をご覧になっている方が多いので、まとめておきます。
年を越えても松の内(1月7~15日)までは間に合います!

年賀状を出すのが遅れてしまった!という方は多いと思います。

かくいう我が家も年賀状関連の記事を書いていながら、投函できたのは12月28日でした(汗)

年賀状のマナー的に、いつまで出すことができるかという期間があります。
当然ながら、年賀状を出していない方からいただくこともありますよね?


松の内とは

お返事を書くこともあるでしょうし、出してすぐ届くわけでもないですから一定の期間は必要ですね。

その年賀状が出せる期間というのを「松の内」といいます。

なぜ松の内というのかという由来は、門松を飾っておく期間の事を松の内と呼んでいたからです。門松を飾っている間はお正月期間ともいえますよね。

調べてみると面白いのは、松の内は1月7日までという地方と、1月15日までという地方があるということでした。関東は7日、関西は15日という習慣があるようです。

15日、というのは小正月(旧暦の正月)でもあるので、そこまでを本来は正月ととらえていたようですね。

関東も江戸時代までは15日までを松の内としていたそうですが、徳川家光が4月20日に亡くなったことから、「20日」を忌日(きにち)としてお祝いを避けるようになり、当時は20日を鏡開きとしていたのを早めて1月11日に早めるようになり、それに伴い松の内も1月7日にするようにしたという説が有力なようです。

関西では江戸幕府の影響を強く受けていなことや、京都を中心とした文化が強く影響しているため、現在でも松の内は1月15日としているところが多いようです。


郵便料金変更に注意!

ところで、そういう風習部分以外に注意することが2018年にはありますね。
そう、郵便料金が値上げされるのです。

それこそ松の内までになりますが、

これまでの52円で差し出すことができる期間は、
2018年1月7日までです。

それ以降に年賀状を差し出す場合は+10円、62円になりますのでご注意を。
この期間中でも年賀状扱いにならないものは62円になるとのことです。


イラスト素材編

年賀状定番の、みかん=橙、鏡餅、御幣、輪じめ、うらじろの作り方。
来年は戌年ですので、豆しばイラストの作り方、おまけですが、正月に限らず通年で使える扇子の作り方をまとめております。

PNG素材も用意しておりますので、ぜひ御覧ください。








年賀状デザイン編

視線誘導と印刷の基本、ハガキサイズの設定、レイアウト方法、TypeKitからの文字の同期と、一番強調したい部分を目立たせる方法などをまとめております。
鏡餅の年賀状と、戌の年賀状2案の作り方になっております。

そのまま家庭用プリンターで印刷できるPNGデータも用意しておりますので、よかったらお使いください。




【補足】
年賀状データを利用する場合、家庭用プリンターでフチナシプリントが可能な場合は、ファイル名最後に「Bleed」とついているものをプリントすると、用紙のフチまで色が乗ります。
フチナシプリント非対応などのプリンタの場合は、「NonBleed」が良いでしょう。

それでは良いお年をお迎えください!

Sedge Designでは
  • 「こういう素材が欲しい」 
  • 「イラレのここの使い方がわからない」 
といったご相談を募集しております!
コメント欄、もしくはお問合せにてお気軽にご連絡ください!
※いただいたご相談は出来る範囲でお答えさせていただきます。
 なお、ご相談内容については記事化させていただくことをご了承ください。
(ご希望でしたら匿名にさせていただきます)




[Sponsor Link]

ランキング応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 デザインブログへ



0 件のコメント :

コメントを投稿