SedgeDesign イラレで表を作る方法 illustrator CC 講座54

イラレで表を作る方法 illustrator CC 講座54

アイキャッチ

意外と作る必要がでてくるのが「表」だったりします。
当ブログでもいくつかの記事で表を使用していますので、組み方を試行錯誤しています。

比較的わかりやすい方法も確率しましたので、今回は「表組」の作り方を解説します!

おはようございます!
表組は地味といえば地味ですが、意外と作る機会は多いですよね!


【この記事は2018/7/10に更新されました】

DTPでの表組みの問題点

illustratorで表を組む前に知っておかないといけないことがあります。
以前文字ツールの記事のときに、文字のサイズの単位をお話しております。

PCやDTPが一般的になってからは、それまで日本の印刷・出版業界で主流だった級数(Q)という文字サイズの単位の使用頻度が減り、Point(pt)という単位を使うことが多くなってきています。

実は級数とPointにはそれぞれ相性の良い長さの単位があります。

級数の場合、1Q0.25mmです。
すなわちメートル法ではキッチリ割り切れる相性の良い数値になります。

Pointの場合、1pt約0.35mmです。
「約」ですので、本当は0.352778になるため、メートル法とは相性が悪いです。

じゃあなんでそんな単位を…と思いますよね?
これはアドビがアメリカ生まれの会社のためです。

アメリカは長さの単位はインチを使用しています。
インチに換算すると1ptは1/72インチとなるため、インチの中では割り切れるのです。

そのため改行をPointで行うと、ミリ幅の表とはズレが起こることになります。
一応前提として覚えておいてください。

それでは、これから表の作成に入ります。
環境設定の単位はmmで、キー入力の設定は1mmにしておいてください。


表計算ソフトを使用しよう

今回表組みの作り方を解説することにしたのは、過去記事をスマホで確認していたらショートカットの表が崩れていたのがきっかけでした。

表を作るにはまずデータが必要ですが、ここでは一旦表計算ソフトを使用して表を作成しましょう。

エクセルまたは無料で使えるGoogleスプレッドシートを使いましょう。
今回はGoogleスプレッドシートを使い、行18、列2の表を作りました。

最終的にサイズや位置関係はillustratorで調整しますので、行も列もサイズは適当で大丈夫です。

Googleスプレッドシート


文字作成:ブロック分け編

それでは前項で作成した表から、片方の列ごとにコピーしてillustratorでペーストしましょう。

スプレッドシートの利用

図では、一度にやっているようにも見えますが、片方ずつやっております。

illustratorの方にペーストされたのを確認したら、スプレッドシートに戻り、もう片方の列をコピーして、もう一度illustratorにペーストするのです。

すると、下図のように、それぞれが別の文字ブロックになります。

スプレッドシートからのペースト

それでは、今回は1行あたり8mmの表にしたいので、文字の行送りも8mmにしましょう。

本来文字の単位はptですが、illustratorでは異なる単位を入れても本来の単位に変換されます。(Point数値22.68ptに変換されます)

また、文字サイズは18ptにしています。

行送りの調整


グリッドツールで表を作ってみよう

表を組む方法はいくつかありますが、長方形グリッドツールを使うのがその後の形の変更などもしやすいのでオススメです。

では長方形グリッドツールを選び(直線ツール長押し)、アートボードの適当な場所でクリックします。

長方形グリッドツールオプションが表示されますので、ここでは、幅:120mm、高さ:144mmにします。これは表全体の横幅と高さです。

高さが144なのは、8mmに18をかけた数値です。

水平方向の分割は17にします。
この数値は行のセルの数から18から1を引いた数です。

水平方向といわれると横方向になりそうな印象ですが、この場合は縦方向の分割になります。

垂直方向の分割は1です。
こちらは横方向の分割です。列のセルは2個にしたいので1を引いています。

長方形グリッドツール


文字調整:ブロック分け編

それではちょっと細かい作業になりますが、作成した表と、文字の位置関係を調整していきます。

※わかりやすくなるよう、表の罫線の色はピンクに変えています。

文字を選択して、文字のアンカーポイントを1行目のセルの左下の角にスナップさせます。これはスマートガイドがオンになっていると楽です。


文字のベースラインが、セルの下線に当たった状態になっていますので、丁度文字がセルの縦方向の中央に収まるようにしたいので、数値で移動しましょう。

文字を選択して、選択ツールボタンをダブルクリックします。

すると移動オプションが表示されますので、ここで水平方向:2mm、垂直方向:-4.68pt(=行送り22.68-文字サイズ18pt)と入力しますと-4.68→1.651mmと変換されます。

先ほど文字の行送りでやったことと逆の事をするわけですね。
これで枠の中央に文字が入りました。


縦の線が左側の文字ブロックにかかってしまっていますね。
これを修正しましょう。

グループ選択ツール(ダイレクト選択ツールを長押し)で選択します。
選択したらキーボードの右矢印キーを使って右に移動しておきましょう。

表と文字の位置調整3

右側のセル内の文字も調整します。
左側と同様、左下の角にアンカーポイントをスナップさせてから、選択ツールをダブルクリックして、水平方向:18mm、垂直方向:-4.68ptと入力します。

水平方向の18mmにしているのは、右側のセルの横幅がこの段階で約36mm程度になっているのでその半分の数値です。

18mmであればアンカーの位置がセルの中央になります。



文字調整:タブ区切り編

コメントにて「タブ(Tab)区切りの方が効率的なのではないか」というご指摘を受けましたので、この方法についても追加いたします。

こちらの方法の場合は、スプレッドシートでは2列とも選択します。

Googleスプレッドシート2列選択

この状態でillustratorにペーストしますと、行方向が繋がった状態です。
文字と文字の間にできている空白はTabになっています。

書式メニュー→制御文字を表示を実行しますと、Pを反転したような記号が表示されます。
 がTab、反転したPは改行(ハードリターン)を表しています。
制御文字
位置関係については、前項と同じ方法で合わせておき、選択状態のまま、
ウインドウメニュー→書式→タブを実行します。

すると文字ブロックの上に、「タブ」というパネルが表示されます。
また、パネル左側にある4つの矢印が、タブの位置揃えとなっています。
タブ設定1

ちょうど、左右のセルの区切りの線が、目盛りの82mmのところを示していますので、そこに+18mmということで、中央揃えボタンを押してから、100mmのところをクリックします。

ピッタリの数値にはならないと思いますので、設置したあとに位置の数値を100mmに修正してください。
タブ設定2

タブ区切りで行う場合は以上になります。

当初はブロック区切りの方がわかりやすいかと思い、そちらの説明のみにしておりましたが、こちらの方が確かに効率的かもしれませんので、お試しいただければと思います。

ご指摘いただきましたKingston様、ありがとうございました。


ライブペイントで着色&仕上げ

セルに色を付けていきましょう。一旦全てを淡い緑にしてみました。
※文字は非表示にしています。

そうしたらライブペイントツールに切り替えます。

先ほどよりは濃い目の緑を作成して、左上のセルをクリックします。
(これでライブペイントオブジェクトに変換されます)

次に、2つめのセルから下に向かってドラッグして行きますと…、
ドラッグした部分が全て濃い緑になります。

また、線の色は白に変更いたしました。

表の着色

着色が終わったら文字を表示して、
左側の文字ブロックは左揃え、右側の文字ブロックは中央揃えにしておきます。

位置関係が微妙だったら左右矢印キーで調整してください。
これでショートカットの表組が完成しました。

表組仕上げ


まとめ

エクセルやGoogleスプレッドシートのような感覚で作成できれば一番良いと思います。
しかしながら、それはillustratorではできないのでこのような作り方になります。

今回はillustrator講座の中では地味なものだったかもしれません。
けれども、おそらくいろいろな場面で使用することがあるのが表組でもあります。

これが作成できるようになっておくと便利なこともあるでしょう。
ぜひ、お試しください!

では今回はこの辺で。
おつかれさまでした!







[Sponsor Link]

ランキング応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 デザインブログへ



2 件のコメント :

  1. indesignで表を作って、epsで書き出してIllustratorで使うのが最強
    あと、修正のことを考えるなら、普通にTab区切りテキストにした方がいいのでは?

    返信削除
    返信
    1. Kingtoshさま
      確かに表組みはInDesign最強だと聞きますね。

      Tab区切りにしていないのは、まだTabの説明をしていないというのがあったからなのですが、Tabでの方法も追加させていただきました。

      ご指摘ありがとうございました。

      削除