Twitterアイコン 作り方のポイント

Twitterアイコン作り方のポイント

おはようございます!セッジです!
先日Twitterで企画した、フォロワー2000人記念アイコンプレゼントは大変盛況で、なんと16000以上ものインプレッションがありました!
こんにちは!トラノです!
先輩、16000インプレッションって数字はスゴイけど、どういう意味ですか?
インプレッションというのは、Twitterユーザーのタイムラインに表示された数ってことだね。
読まれている数ではないけど、16000も表示されたのはスゴイと思ってます。
なるほど。
先輩、最近すごくTwitterに力を入れていませんか?
そもそもグラフィックデザインって何に使うのかといったら、コミュニケーションの手段なんだよね。
であるならば、交流しないと伝わらないかな?と思うようになったわけです。

セッジは、グラフィックデザイナーでありイラストレーターであることが「特性」です。

Twitter企画をするにあたり、その特性を活かすにはどうしたら良いかと考えた結果が、「フォロワーさんの絵を描くこと」でした。

今回は既に描かせていただいた4名のフォロワーさんのアイコンの紹介と、描くにあたり気をつけたポイントなどを解説していきます。
※本当は5名ですが、お1人が体調をくずされているので保留になっています。

Twitter企画って何?というあなたへ

Twitterでは今、いろんな企画が盛んです。
あなたがTwitterユーザーでしたら、以下のようなツイートを見かけたことはありませんか?
「あなたのツイートやブログを紹介します」
「あなたのブログをコンサルします」
「あなたを褒めます」
これ以外にもたくさんあって、見ていてちょっと面白いです。
なんのためにこういう事をやっているのかというと、2つ意味があります。

1つ目はフォロワー増加のため

フォロワー数が全てでは無いので、フォロワー数が多いユーザーが偉いというわけではありません。(たまに誤解している人もいますが)

でも、私もフォロワーさんが2000人を超え、

Twitterとは電子的な口コミである

ということが判ってきました。
もちろん少ないフォロワーでもインプレッションが高い人はいます。

でも私の場合、あまり共感性の高いツイートが思いつかないので、やっぱりフォロワーさんが頼りになるのです。

私にとってフォロワーさんは、私が伝えたいことを助けてくれる方々なのです。
本当にいつもありがとうございます。

もちろん、ボクもできる限り拡散のお手伝いはさせてもらってますよ❗

2つ目はフォロワーさんのため

Twitterを始めたばかりのユーザーは、まだフォロワーが少ないため発信力が低いですね。

発信力が低いから人が集まらず、人が集まらないから発信力が上がらない、というループが生れてしまいます。

Twitter企画の多くはフォロワー数増加100人単位で開催されています。

まだフォロワー数が少ない人からみれば、数百人のフォロワーがいる人に紹介されれば、たくさんの人に自分を知ってもらえる機会が増えます。

こういう企画はとても心強いものですし、私もこういったものに参加したことで1ヶ月くらいの期間に1000人くらいフォロワーさんが増えました。

こういった企画を見かけたらぜひ参加することをオススメします❗


こういう形で、フォロワーの多い人はこれからの人を支援してフォロワーを増やし、少ない人はフォロワーの多い人と知り合うことでさらに紹介してもらえる機会が増えてくる、という共助関係的な考え方なのです。

いわゆる、ウィン-ウィンの関係ってやつですね!

ラフの段階でトリミングを考えよう

それでは今回アイコンをデザインするに当たって気をつけた事をまとめていきます。
まず下の図をご覧ください。

これは4名の方に確認してもらったラフスケッチになります。

ラフスケッチ

ラフスケッチに円が描いてあることがお分かりでしょうか?
そして円からはみ出る部分についても描いていることも。

アイコンはTwitterで表示すると、円形にトリミングされます。

ピッタリ円形に描いてしまうとズレて微妙なフチが付いてしまいますし、目安がないと、Twitterに登録した時に大事なものが切れてしまうことがあります。

そこであらかじめ円を描いておき、その円の中に顔や頭など大事なものを配置するようにしておけば、そのようなトラブルを防ぐことができるのです。

illustratorで描く理由

私がもっとも得意とするグラフィックソフトは、Adobe illustratorです。
ですので、もちろんこれを使って今回もアイコンを描いています。

得意なソフトだからという事以外にも実は理由が2つあります。

1つには、まず一般の方にillustratorで描いた絵に触れてもらいたいということです。
デザイン業界に関わっている人は、日常的にillustratorで描いた絵を見ています。

そのため、なんとなくですが「これはイラレで描いた絵だな」というのがわかるようになります。

しかし、一般の方にはとっては最終結果が全てで、何で描いたかについては関係のないことだと思います。

そこで、実際に見てもらえば「これはillustratorっていうソフトで描いたものだ」ということを知ってもらえるのではないかと考えたのです。

2つには、今回はTwitterアイコンということで、アイコン公式サイズで作っていますが、実はillustratorで描いた絵は、どんなサイズにも対応できるというメリットがあります。

これは同じくAdobeのソフトであるPhotoshopも、最近大人気のクリップスタジオでも対応しにくい部分です。

例えば無敵の母さんのアイコンを例に取ってみましょう。
本来はTwitterアイコン公式サイズの 400x400px で作成しています。

ズーム

普通は拡大していくとどこかで荒れ始めるのですが、illustratorの場合はどこまで拡大してもキレイなままです。

そのため、もしアイコン以外にも使いたい、となったときには自由にサイズを決めることができるのです。

こういった事を知ってほしい、という意味もあってillustratorで描いています。

色や表現の意味を考えよう

今回アイコンを描かせて頂くにあたり、表現の仕方や色などについて皆さんに質問させていただいています。

ドラゴン柳さんからは人物像と色、アキトさんからは黒猫と2人で写っている状態ということと色を伺っていました。

なるさん と 無敵の母さん は完全におまかせでした。
「セッジから見た自分のイメージを考えて欲しい」ということで、ある意味一番難しいお題を頂くことになってしまいました(^_^;)

では、それぞれのアイコンについて解説していきます。

ドラゴン柳さん

@doragon_yanagi
ご本人からはだいたいの髪型と眼鏡をかけていること、色などについて伺っていました。

服は紺ということでしたが、塾講師をされていたご経験やIT系勉強会を開いたりと、情報に詳しい方なので理知的なイメージとして、全体的に「青い印象」を与えています。

青は知性や冷静といった意味がありますので、柳さんをイメージする色ですね。

ドラゴン柳

なる ☀『一緒に頑張ろう』さん

@naruhave
なるさんは写真が夏の写真だったので、ちょっと今の季節感はありませんが、夏をイメージした「水色」を基本に考えています。

起業家を目指し、普段から一緒に頑張ろうと鼓舞していますので、ガッツポーズを取っています。

水色も本来は青に属するものですが白が混ざることにより、青空をイメージさせます。

そこに入道雲を配置して「夏」を感じさせるようにしています。

なる

無敵の母さん

@mutekinokasan
実は無敵の母さんは、今回参加されたフォロワーさんの中では最も長くお付き合いがあります。

とはいえ、意図的に当選させたわけではなく、抽選ツールが本当に当てています。

運が強い人です(笑)

母さんは「セッジちゃんに任せるよ♪」の一言だけでしたので、私の中のイメージで描いています。

最初の黒人さんのアイコンのままだったら今回のようにはなっていませんでした(笑)

ただ、以前からずっと「太陽のような人」という事を言われていましたので、
「暖かさと光(希望)」をイメージした色使いをしています。

オレンジが暖かさを、手の中の黄色がかった白が光を象徴しています。

ちなみに服がピンクなのは優しさを意味しています。

無敵の母さん

アキト@クレイジーな社畜さん

@akito_crazy
アキトさんの場合は、完全おまかせではないとは言いましたが、実は具体的にうかがっていたのは「自分と黒猫が一緒に写った状態」というのと「服は緑」ということでした。

そのため、人物像は私が想像する「アキトさん」ということになります。

「猫好きな穏やかな青年」ということを設定しています。

人物の色についてはご指定していただいた色にしていますが、背景はやや無敵の母さんと似た色ではあります。

違うのは、黄色からオレンジへのグラデーションと、シャボン玉のような光が舞う穏やかな空間をイメージしていることです。

こちらもオレンジについては暖かさの意味を持たせています。

黒猫ちゃんとの、とても穏やかで大切な時間を過ごすアキトさんです。

アキト

アイコンとはTwitterユーザーの「顔」である

人間は色や形の表現から意味を感じます。

アイコンはいわばTwitterでのあなたの「顔」のようなものです。
そして、Twitterユーザーが、必ず最初に見つめるものでもありますね。

そこには大きなメッセージ性があるものだと私は考えています。

人は顔があると見てしまう修正があります。
なぜならば「顔」というものは、個人を認識するための「記号の1つ」だからです。

ですから、アイコンが怒っていれば「怒りっぽい人なのかな?」、
泣いていれば「悲しみやすい人なのかな?」

…などと、感じることになるのです。

今回ご紹介した4人のアイコンは、全員優しい顔をしていることにお気づきですか?

なぜ優しい顔をしているかといえば、全員がこれから様々な意味で「人と関わろう」としているからです。

人と関わるということは、人を大事にする事です。
そういう人が怖い顔をしていたら…。

やろうとしている事と表情がマッチしなくなってしまうでしょう。
ですので、優しいお顔を贈らせて頂きました。

あなたもぜひ、自分だけのアイコンを作って、あなたのフォロワーに語りかけてみてはいかがでしょう?

先輩、たまにTwitter見てて思うんですケド。
Twitterの鳥のアイコンのままの人いますよね?
あれもったいないですよね。
そうだねー。あと、棒人間みたいなのもあったりするね。
あれだと表情わからないから、ちょっと人間味を感じにくいんだよね。
やっぱりTwitterやるなら、アイコン大事!

ということで、今回はアイコン作成についてのポイントについてお話させて頂きました。
感情が伝わりやすいアイコンを用意するとフォロワーさんの反応が変わりますよ!
下に今回の事に関係しそうなデザインの記事をご用意しましたので、そちらもご覧くださいネ!


最後までご覧いただき、ありがとうございます!
もしあなたが今回の記事でイラレに興味をお持ちになったなら、ちょっと使ってみませんか?
イラレ初心者さんなら、7ステップがオススメですよ!



また、アイコンやヘッダー制作はご依頼を受付中です❗

ご相談やお申込みは専用の記事がありますので、以下のリンクをご覧くださいネ❗

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
また他の記事でもお会いしましょう~❗





コメント