SedgeDesign ポインセチアの作り方 illustrator CC 講座30

ポインセチアの作り方 illustrator CC 講座30

今回はいつもブログをご覧いただいているMさんから「ポインセチアは作れますか?」と投げかけを頂きましたので、作成および説明に挑戦してみたものになります!

poinsettia-image

ポインセチアの作成手順のスクリーンショットを撮り終えて、タイトルを打ち込んでいたら気づきました。

なんと今回でillustrator講座30回目になります。

最初は数えるほどしか記事数が無く、「これを読んでくれる人は出てくるのだろうか」などとも思っていましたが、ちりも積もればじゃないですが、書き続けていれば貯まってくるものですね~。

最近はブログサークル、はてブでブログ運営者の方々と交流する機会ができ、感想などいただけるようになったので、大変励みになっております!

苞を作ってみよう

ポインセチアのあの赤い部分。あれは花じゃないんですよね。
これは苞(ほう)といって葉が変化したものです。

ただ、作りとしては赤い葉そのものですので、これの作り方がわかれば、普通の緑の葉も作れるということでちょっとお得(?)です。

ポインセチアを作るにあたり、最初はグラデーションメッシュで作ることを脳内でシミュレーションしていましたが、説明するのがかなり困難を極めそうだったので、それはやめて、また別の作り方で構築することにしております。

今回は線から作る方式です。ペンツール、曲線ツール、鉛筆ツール、これらのどれを使っても構いませんので一本曲線を描きます。

機械的なきれいな曲線にするよりも、少しヘロっとした線にすると逆にリアリティがあるかもしれません。

曲線を描いたら、以下のように線幅ツールで始点と終点が極細になるように調整し、中ほどは太くしていきます。

poinsettia01

苞を染めよう

シルエットとしては葉っぱぽいものができましたので、色を付けていきます。

線の色が変更できるようにして、グラデーションパネルでグラデーションのプレビュー(下図左、赤枠で囲んでいる部分)をクリックすると適用されます。

次に下図右のように、種類:円形、線:パスに交差したグラデーションに切り替え、左側のカラー分岐点をR:145、右側の分岐点をR:255 G:20にします。

poinsettia02

すると以下のように、パスを基準として外側に向けてグラデーションが発生するようになりました。

この場合、形に沿ってグラデーションができていますので、前述したように元のパスが多少ヘロっとしている方が、逆に自然に見えます。

poinsettia03

葉脈を作ろう

苞は葉が変化したものですので葉脈があります。

絵にした場合でも葉脈が見えたほうが、ポインセチアらしく見えると思いますので、作っていきましょう。

先程作成した苞の形に合わせ、曲線を描いておきます。(下図は曲線を描いたあと、苞を隠しています)このとき、先端形状は丸型にしておきましょう。

このままですと、均一な太さの線のままですので、可変線幅プロファイルの線幅プロファイル4という先細りの線幅がありますので、これを選択します。

すると先程の曲線が線端に向けて細くなる状態になっています。
これを全ての葉脈に適用し、さらに苞の先の方にある葉脈(側脈)などは、この状態で線幅の数値を調整してか細くなるように調整します。

その後、隠しておいた苞を表示させれば、ひとまず苞は出来上がりです。

poinsettia04

苞が一枚できたところで、いくつかバリエーションを作っておきましょう。
今回はとりあえず、3パターン作成しました。

また先程説明したように、苞は赤い葉そのものであることから、一旦コピーしたあと、グラデーションの分岐点と葉脈の色を緑系に変更したものも用意しました。

poinsettia05

つぶつぶした部分を作ろう

上述した苞をさらにリフレクトで反転コピーして、茎の根本を合わせて移動・回転・縮小したものが以下になります。

poinsettia06
だいぶ出来上がってきた感じがしますが、何か足りない気がしますよね?
そう、普通の花でいうところのおしべとめしべに当たるような部分がありません。

ポインセチアには黄色や緑のつぼみのようなつぶつぶしたものがあります。実はあれがポインセチアの花なのです。

そのつぶつぶ=花を作ってみたいと思います。

大小2つの円を用意します。大きい方を黄緑、小さい方を黄色にしておきます。
2つの円を選択したまま、ブレンドツールに切り替え、下図で丸を付けた部分をクリックしてみましょう。

2つの形と色がブレンドされ、下図のような形になります。

poinsettia07
できあがった小さな花を配置したものが以下になります。
ただ並べるだけではなく、大きさを微妙に変えたり、角度を変えたりしています。

さらにコピーしておいた緑の葉も苞の下に配置してみましょう。
これでどうでしょうか?ポインセチアらしくなったのではないでしょうか。

poinsettia08

まとめと素材配布コーナー

ということで、今回はMさんの投げかけにより、ポインセチアの作成例ですが、いかがでしたでしょうか?

まとめますと、

  • 曲線から線幅ツールで葉の形を作る
  • 円形でパスに交差したグラデーションにすると葉の中心から外側に向けて色が変化する
  • 葉脈は曲線を可変線幅で先細りにして作成する

ということになります。

さて、もうほぼ恒例となりつつあるお土産コーナー・・・素材配布コーナーになります。

今回作成方法を紹介したポインセチアイラスト素材をPNGで配布します。

基本的に自由にご利用いただけますが、
素材サイトへのアップ、素材としての販売は許諾しておりません。
ご理解の程、よろしくお願いいたします。

Google Drive:poinsettia






[Sponsor Link]

ランキング応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 デザインブログへ



0 件のコメント :

コメントを投稿