SedgeDesign パソコンで絵を描くには? イラレ上達の7ステップ

パソコンで絵を描くには? イラレ上達の7ステップ



あなたは、イラレ(illustrator)初心者が、
上達するために必要なことを知っていますか?

この記事では初めてillustratorを使う人が知っておくと良いこと、
そして中級・上級者になるための7つのステップをまとめています。

あなたがイラレ勉強中でしたら、ぜひこの記事をブックマークしてください。

イラレ習得状況に応じた記事をリンクしていますので、リンク先もすべて見ていただくことをオススメします!


おはようございます!
イラレっていうソフトがあるのはわかった。
でもどうやっておぼえるの?
というあなたにお答えしたいと思います!

【OSの対応について追記しました】

イラストレーターを知ろう

illustratorを覚えるためには、ソフトを使えるようにしておく必要があります。
まずは、ベーシック講座のソフトウェア概要編「イラレを始めてみよう!」をご覧いただき、お持ちのPCにインストールをお願いします。
Mac? Windows? はてなブックマークでご質問がありましたのでお答えいたします。
illustratorをふくむAdobe製品は、Mac・Windows両方に対応しています。
ただし、インストール時にインストール予定のパソコンでAdobeのダウンロードサイトにアクセスする必要があります。
インストール

インストールが終わったら「各部名称とツールパレット」をご覧ください。
こちらではillustratorの画面がどうなっているか、基本的な機能のツールは何が用意されているのか、という事を説明しています。

概要編のそれ以外の講座については、少し使い方がわかってきたら読んでみてください。

もちろん、概要編を全部読んでから基本操作編に進んでも良いですよ!



簡単な図形を作ってみよう

illustratorを使い始めた人からよく聞くのは
「インストールして起動したのはいいけど、そこから何をしたら良いかわからない」
ということでした。

最近のソフトは多くがオンライン版ばかりになっていて、マニュアルもついていませんから、そうなってしまうのは当然だと思います。

そこでまずは「図形と選択ツールの使い方」をご覧いただき、四角形や円などを描いてみましょう。

図形と選択

図形を描いたら選択ツール(黒い矢印)で図形をクリックしてみると、それぞれの図形が選択できることがわかります。

このようにillustratorで描いたものはそれぞれ別のパーツとなっています。
パーツ一つ一つをオブジェクトといいます。

illustrator最初の一歩として、図形の描き方と選択の仕方、そしてオブジェクトの概念を知りましょう。

オブジェクトという概念を知ることが大事です!



作ったオブジェクトを加工しよう

図形が描けるようになり、選択もいろいろ出来るようになったらオブジェクトを加工してみましょう。

加工といっても、グニャグニャに曲げたり、立体化したり、といった高度なモノではありません。
作ったオブジェクトを回転したり、拡大縮小したり、反転・左右対称にしたりという簡単なものです。

回転ツールについては「回転ツールの使い方」
拡大縮小については「拡大縮小ツールとズームツールの違い」
反転・左右対称などが「左右対象の術 リフレクトツールの使い方 」で解説しています。

花のマーク

どれから見ていただいても大丈夫ですが、
できればリフレクトツールに関しては少し慣れが必要なので、回転または拡大縮小のあとをオススメしています。

そして、これらの簡単な加工ツールを覚えたら、ぜひ挑戦してもらいたいのが、図形だけでキャラを描くというこの記事です。

「図形ツールでクマを描こう!!」
この記事のように図形を組み合わせるだけでもカワイイキャラが描けてしまいます。

これは本当です。
私は累計すると1000人以上の学生を教えてきた経験があります。
少なくともこの図形でキャラを作る、というところで挫折した子はいません。
前回の記事でうちの妻の例も書きましたが、これがillustratorの強みなのです。

あなたも回転や拡大縮小などをマスターして、カワイイキャラを描きましょう!



文字を打ってみよう

例えばWordなどの場合、起動して書類の形式をえらんだらすぐ文字が打てるようになりますね。
illustratorの場合は同じことをしてもすぐ何か書ける状態ではありません。

illustratorは絵を描いたり、画面をデザインすることが主体のソフトです。
つまり文字も画面を作る一つの素材でしかありません。
文字をどこに置くのかも含めてユーザーの自由です。

この文字のツールの解説をしているのが「文字ツールの使い方1-各ツール紹介」です。

文字ツール種類

単純に文字を打つといえば簡単ですが、文字というものは本当はかなり奥深いものです。
そのためこちらは3回に分けた連続記事になっていますので、続けてご覧ください。

ふだん何気なく見ている文字は工夫を重ねた歴史のある芸術でもあります。
文字の扱い一つで画面の良し悪しが変わりますよね!



曲線でいろんなものを描いてみよう

ここまで習得できたあなたに、ついにillustratorの真髄をお見せする時がきました!
(ちょっとオーバーですが(^_^;))

illustratorとはドローソフトの代表ともいえるグラフィックソフトです。
ドロー(Draw)とは「(鉛筆やペンを使って)描く」という意味になるそうです。

したがってillustratorの真髄とは「線画、特に曲線を描くこと」です。
曲線を描くには現在3つの方法があります。


簡単な順で言いますと、鉛筆ツール曲線ツールペンツールとなります。
慣れないうちは鉛筆ツールを使っても良いと思いますが、なるべく早めに曲線ツールやペンツールに切り替えることをオススメします。

その理由は、鉛筆ツールはマウスやペンタブレットで描いたストロークがそのまま曲線になります。
つまり、自分自身の筆運びのスキルがそのまま影響してしまい「画力を底上げしてくれる道具」では無くなってしまうのです。

曲線ツールとペンツールは仕組みがわかるには少し時間がかかるかもしれません。
しかし覚えてしまえば、筆運びが苦手な人や、私のように「迷い線」が多い人にはとても効果的なツールです。

イラレ中級以上をめざすなら覚えるべきツールと言えるでしょう。

illustratorの真髄!!
大きく出ちゃいましたが、ホントにそうなんです。
曲線の描き方は初級で覚えることなのですが、実は中級・上級であろうと影響することなので「基本にして全て」でもあるのですよ!!

[Sponcer Link]


作ったモノに色をつけてみよう

ここまでの学習のなかでいろいろなものが描けるようになってきたら、
線画に色をつけてみたくなってくるでしょう。

一般的なペイントソフトではオブジェクトという概念がないため、線画を描いたあと塗りつぶしたり、筆で塗ったりします。
つまり、アナログの色の塗り方に近いものになりますね。

illustratorではオブジェクトを選択すると、線で囲まれた内側に色を付ける「塗り」と、線に色を付ける「線」という属性があります。

このように選択してそれぞれの属性に色をつけていくという方法になります。
その方法について解説した記事が「色の塗り方」です。


古いバージョンのillustratorの場合はこの方法しかありませんでしたが、illustratorCS2から追加されたライブペイントという機能もあります。

このライブペイントは塗り絵感覚で色が付けられる機能です。
通常の塗り方ではやりにくいような形をしたものでも楽に塗ることができます。

ライブペイントにもちょっとしたコツがあります。
こちらは「ライブペイントの使い方」で解説しています。

もう一つご紹介しておきます。
通常の色の付け方もライブペイントも、ベタ塗り(単一の色で塗ること)です。

もっと多彩な色を使いたいということもありますよね?
そういうときにオススメなのがグラデーションです。

グラデーションとは少しずつ色が変化するタイプの色の塗り方になります。
この方法について解説した記事が「グラデーションの使い方」です。

基本の3つの色の塗り方を覚えて、カラフルなイラストやデザインを作りましょう!




アドバンス講座に挑戦してみよう

ひととおりベーシック講座を終えて、ここまで到達したあなたは、
ひょっとしたらベーシック講座の内容では満足できなくなっているかもしれません。

当ブログではアドバンス講座でいろいろな素材の作り方を紹介しています。
ただ、こちらについては難易度の順番にはなっていません。

そこでベーシック講座からの次のステップとして、比較的とりくみやすそうなものをセレクトしてみました。

それが「星座イラスト編」になります。
星座線と星座絵はほぼ線画で出来ています。
なぞっていくだけで絵ができ上っていきますので、曲線の練習にはうってつけです。



そして、それも十分にこなせるレベルになったら…ほかの難易度が高そうなものにもどんどん挑戦してみましょう!

おそらくそのころにはあなたは中級者レベルを超えていると思います!



以上、「イラレの7つのステップ」ということで、illustratorで中・上級者を目指すために必要なことをまとめました。

この記事を手がかりに、ぜひillustratorの学習を進めてみてください。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

イラレの講座一覧のページもあります!
こちらもご覧になり、イラレの学習に役立ててくださいね!
おつかれさまでした!






[Sponsor Link]

ランキング応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 デザインブログへ



0 件のコメント :

コメントを投稿